まものす

看護師で難病発症。身体障害者手帳(3級)もらっちゃいました。医療従事者と患者の立場、両方から視点です。西洋ハーブとタイハーブ、和草ハーブなどの民間療法的なことも取り入れつつ、おもしろ人生を満喫中で~す!

病棟看護師が【夜勤】で体験した、ちょっとゾッとする話。

涼しくなる話には時期が早いですが…

 

病院のちょっとゾッとするお話をひとつ。

 

リハビリ病院に派遣で勤めていて、夜勤が月に8回くらい…つまりほとんどの勤務が夜勤というときがありました。

その病棟のナースステーションはオープンのカウンターになっていて、エレベーターのほうを向いてカルテを書いていました。

もう一人のナースは仮眠中で、一緒に夜勤をしていた介護職員は見回り中でした。

時間は午前2時、俗にいう丑三つ時です。

 

急に、2基あるうち1基のエレベーターが1階から5階まで上がり、しばらく止まりました。

『守衛さんの見回りかな?』

と思うと、また動き出して次は4階でしばらく止まりました。

私がいた病棟は2階です。

気になって見ていると、また動き出して3階、2階と止まりました。

 

スーッとドアが開き…

そこには思っていた守衛さんの姿はありませんでした。

 

誰も乗っていなかったんです。

 

しばらくすると、スーッとドアが閉じ、一階に降りていきました。

しばらくすると、今度はもう一基のほうが動き出しました。

けれど今度は一番上の階でしばらく止まり、そのままほかの階に止まらずに1階まで降りていきました。

 

ここで、ぎゃ~っと叫ぶような人間には、残念ながらできていません。

 

リハビリ病院は、脳の疾患で徘徊する患者さんも多かったので、私は誰か降りたかも!と安全面で心配になりました。

すぐに守衛室に電話し、エレベーターがおかしな動きをしたので、1階と5階を見回ってほしいと連絡しました。

3階、4階は病棟だったので、そちらにもすぐに電話をしました。

そして、自分の階ももちろん巡回しました。

階段も確認しました。

 

が、誰もいず…

1階、5階の出入り口は全て鍵がかかっているので、出入りもできないとのこと。

 

もう一人のナースが仮眠から起きてきたときに、巡回で気を付けてという意味でそれを話たら

『怖いこと言わないで!ゾーッとした!』

と…そこで初めて私もゾッとしました。

 

リハビリして元気に退院する方がほとんどだったので、みんなそっちの話には弱かったんです。

 

しかし、次の夜勤も、その次の夜勤も、同じことが起きました。

夜勤明けの申し送りで、一応報告します。

万が一、徘徊してほかの階に行ったり、階段を通ったりしないように注意を促すためですが…

けれど、みんな『怖い!』というだけで、誰もその現象を見たことがなかったようでした。

 

師長さんにも報告し、巡回の徹底をしてもらうように頼みました。

あ~はいはい、というような感じでしたが…

 

それでも、私の夜勤のときは、きっかり2時にエレベーターが動き出します。

一度、目の前で止まったエレベーターの中に入り、すべての階に行ったこともあります。

 

何度聞いても、ほかの人は見たことないと言います。

私は派遣で、その病院も勤務が浅かったので、長くいる常勤の人に聞いても見たことないと。

そのうち、私がおかしなことを言っているというような噂になりました。

ほかの病棟看護師からは、ひどいことを言われてました…

 

霊感があるとかいって、おかしな人…

なんていう風に、完全に変な人扱いでした。

(霊感は、自信を持ってまったくありません!)

 

私が寝ぼけてた?

いや、まさか!もともと夜勤には強く、仮眠でも寝ることはないくらい…

幻覚?

いやいや、私、そこに来たエレベーターに乗ったし…

 

そんな夜勤が続いて、久しぶりに日勤になったとき、用事で事務局へ行きました。

そこにはエレベーターと出入り口の監視カメラの映像がついていました。

もしかしたら何か映ってるかも!と思い、その時間の録画がないか尋ねました。

 

『録画はしてありますけど、どうしてですか?』

かくかくしかじかで…と事の成り行きを説明すると…

 

事務局でまさかのドッと大笑い!

『??』となっている私に説明してくれました。

 

『その時間は毎日エレベーターの自動点検で動きますよ』と。

 

えぇ~っっ!

肝心の夜勤をする職員は誰も知りませんが!目撃してませんが!

その事実は、事務の人しか知りませんでした。

(守衛さんも日勤だけの人は知っていたが、夜勤だけの人は知らなかったらしい)

 

幽霊話じゃないことにみんな笑っていましたが、私はそのことが逆に怖かったです。

 

笑い話じゃないんです!

誰も危機管理意識がなっていないことにゾッとします!

 

患者さんの徘徊は、大きな事故にもなりかねません。

徘徊じゃなくても、こっそり意識的に出ていく患者さんもいます。

私は派遣であちこちの病院に行ったので、そういった事故を目の当たりにしたこともあります。

 

そのエレベーターに乗ったらどうするの?

ということは、誰も考えないんでしょうか…

 

脳に障害があり徘徊をする方は、ほんとにどんな行動に出るかわかりません。

暗い廊下を歩いていて、目の前で明るく明かりがついたエレベーターが来たら、まず乗ります。

そのあとに止まる階で降りると、知らない場所なのでどこに行くか見当がつきません。

病棟の廊下を歩いていれば医療者の目にとまるかもしれませんが、夜勤で職員が少ないのですり抜ける可能性のほうが多いです。

 

廊下を歩いているとドアがありました。

開けて出ます。

階段を昇る、もしくは降ります。

 

転落するかもしれないです!

 

と、そこまで考える私がおかしいわけではありません。

危機回避するための知識です。

医療者はそこまでの訓練をうけているはずですが…

『ヒヤリ・ハット』 は誰かを吊るし上げるためのものでもないですが…

それは医療現場だけではなく、どんな現場にもあるものですので、よく考えてみてくださいね。

 

 

結局は、私一人がゾッとしたお話でした~

いや、ちゃんとした看護師さんなら、共感してもらえますよね?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ムーミン2Wayペンポーチ 【リトルミイ カラフルフラワーピンク】
価格:2894円(税込、送料無料) (2019/5/17時点)